MONTANAの歴史


2016年1月、こが・マンモス・りょうすけと宮川崇が出会い、ユニットで活動を始める。

当時はアコースティックギターとカホン。

バンド展開するためベーシストを探し回ったが、全く見つからないのでマンモスがベースを購入。ベースボーカルをやることに。

そこからマンモスが以前にやっていたバンド「ライブ・アット・ニューヨークス」のギタリスト、コウダリョウジに声をかけMONTANAは結成される。

2016年10月15日に新宿のライブバー「ロックンロール以外は全部嘘」で開催された、マンモス企画「Mammoth Music Festival Vol.1」でデビューライブを行う。

その後も毎月ライブを行い、2017年3月の自主企画で1st音源
「ベートーベンをぶっとばすんじゃねえ/ヤンキースタジアムに行こうぜ!」
の発売ライブを行う。


アコースティック時代
記念すべき第1回Mammoth Music Festivalのフライヤー。
これに急遽MONTANAで出演することになりました。
2017年3月の1st音源発売自主企画。
2017年3月の1st音源発売自主企画。